Follow

  「ダーウィンが有機界の発展法則を発見したように、マルクスは人類史の発展法則を発見した」(エンゲルス)。…エンゲルスは「自然に法則があるように、社会にも法則がある」という。人間の感性的活動から外化したものとして「法則性」があるとし、これを社会へ適用しようとした。
 またエンゲルスは「生産諸力」を人間と人間の関係の有り様を除いて「生産手段の所有」の問題に一面化して理解することによって、生産力の発展の過程をそのまま「人間の発展の歴史」として肯定し、生産力主義に根拠を与えた。
 そもそも「自然科学の発展」の動機も、近代における資本制国家の階級支配の維持と、あくなき資本の価値増殖のためのものである。事実、それは労働者の機械への従属をはじめとした、新たな抑圧の強化となってあらわれてきた。

 こうした発想は、エンゲルスにとっても試論の一つだったのかも知れない。だがこれらを引き継いだ者たちは、「マルクス主義」の不動の教条に位置づけてしまった。

· · Web · 0 · 2 · 1
Sign in to participate in the conversation
Octodon

oc.todon.fr is a mostly French-speaking Mastodon instance with an active moderation. oc.todon.fr est une instance Mastodon principalement francophone et avec une modération active.